松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  皮膚科症例»  甲状腺機能低下症とクッシング症候群の合併症

甲状腺機能低下症とクッシング症候群の合併症

甲状腺機能低下症とクッシング症候群の合併症

四肢端と頭部にのみ発毛が認められる。一見、脱毛症X!かと見間違える程である。甲状腺機能低下症とクッシング症候群の合併症は、あまり無い。

初診時の所見

初診時の所見

頭部は脱毛により、血管の走行が容易に認められる。頚部より背部から尾部に至るまでの全域の脱毛と、色素沈着が重度である。

側部所見

側部所見

体幹全域に及ぶ脱毛と重度の色素沈着が、認められる。痒みと発赤は、呈していない。元気と食欲の後退が、軽度に認められた。

矢印

2カ月後

2カ月後

頭部には十分な発毛が認められる。頚部から尾部に至るまで、張りのある健康な発毛である。毛色が全く違う若い頃の毛に被われた。

側部所見

側部所見

体幹全域が健康な張りのある毛で被われた。四肢端の被毛は、変わりなく残存している。体調も見違える程元気になった。

2014-12-11 00:37:00

皮膚科症例