松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  皮膚科症例»  心身性舐性皮膚炎

心身性舐性皮膚炎

心身性舐性皮膚炎

半年以上にわたり3か所の病院にて治療されていた。いずれも、アレルギーの診断であった。

心身性舐性皮膚炎

両大腿部内側全域にわたり、発赤腫脹と脱毛を認める。暇さえあれば舐める!とにかく舐める。舐めまくる。正にその表現が当てはまっていた。いずれの病院においても、ステロイドが処方されており、すでに多飲の症状が認められた。原因となるものを全て除去した。舐める行動が無くなれば症状は消える。

矢印
心身性舐性皮膚炎

2か月後の所見。右側は色素沈着が左側に比べ重度に認められる。経過が長期に亘っていたことを物語っている。舐める行動は沈静化し、発毛が認められる。完全に生えそろうには、時間が必要である。オーナーによっては、行動のコントロールに時間がかかることを受け入れることが難しい方もおられる。

2014-12-11 00:30:00

皮膚科症例