松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  皮膚科症例»  免疫介在性膿疱症をベースとする浅在性膿皮症

免疫介在性膿疱症をベースとする浅在性膿皮症

免疫介在性膿疱症をベースとする浅在性膿皮症

近医にてアレルギーの診断の元ステロイドが投与され、全身に病変の拡大を認め受診となった。

免疫介在性膿疱症をベースとする浅在性膿皮症

スキンケアとしてジェットバスの薬浴を併用し、細菌培養と抗生物質の感受性試験を行い3ヶ月後に症状を抑える事ができた。その後、再発を繰り返した。左の様にあたかも膿皮症の様相を呈した。右の生検像では免疫介在性膿疱症を疑わせる。治療方針を変更した。

矢印
免疫介在性膿疱症をベースとする浅在性膿皮症

左は1週間後の様子である。わずかに病変を認める。右は30日後である。脱毛、発赤、痒み、油臭等の症状は殆んど無くなった。僅かに発毛を認める。再発の危険は十分にある為、スキンケアーと投薬は必須である。

2014-12-11 00:17:00

皮膚科症例