松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  外科症例»  ◆慢性外耳道炎(コッカースパニエル)

◆慢性外耳道炎(コッカースパニエル)

◆慢性外耳道炎(コッカースパニエル)

右後足、第4指に発生した骨肉腫

手術前

手術前

所見
何年もの間外用薬と内用薬で治療されていた。すごい鼻を突く悪臭と、頭を激しく振る動作に飼い主様もノイローゼ気味になっていた様だ。耳道は綿棒がやっと入る程度で、確認できない程に耳内皮膚が過剰に増殖している。いかなる薬も受け付けないだろう。

手術後

手術後

所見
レーザー照射直後である。厚く増殖した組織は無くなっている。照射部分が焦げた様に黒くなっているが、大きく耳道が造られているのがはっきりと確認できる。

1週間後

1週間後

所見
レーザー照射によって、過剰に増殖した耳内皮膚組織が溶ける様に剥がれ落ちているのが確認できる。痛みが伴っているように思えるが、指でさわっても全く知らん顔をしている。この時点で悪臭も痒みも皆無である。

12日後

12日後

所見
左耳は腫脹、充血共に認められるも滲出液は認められない。右耳は僅かなカサブタが付いているが、軽度の充血を認めるのみである。

3週間後

3週間後

所見
非常に大きな耳道が再形成された。腫脹も充血も認められ無い。長年悩まされて来た、悪臭と愛犬の痒がる姿から解放された。突然飛び起きて耳を掻き頭を振る事も皆無である。

2014-12-10 00:03:00

外科症例