松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  眼科症例»  結晶状角膜混濁(カルシウム沈着)とマイボーム腺機能不全

結晶状角膜混濁(カルシウム沈着)とマイボーム腺機能不全

結晶状角膜混濁(カルシウム沈着)とマイボーム腺機能不全

一年前より近医にて治療、点眼薬・内服が処方されていた。

初診時所見

初診時所見
初診時所見

所見
両眼共に眼球全域に及ぶ結晶状角膜混濁が認められる。二段目のスリット所見では、光がデコボコとして確認される。これはカルシゥムの沈着による物と思われた。また光を反射していなく、眼球が乾いている。三段目の染色後の所見では、眼球全域に及ぶ障害が認められる。これは、マイボーム腺と呼ばれる脂腺の機能異常による物である。涙液はマイボーム腺からの分泌液と混ざり合って角膜を保護する。

矢印

45日後

45日後

所見
角膜表面の結晶状混濁は著しく減退し、眼球表面も潤っている。下段の染色検査でも、僅かに確認される程度である。

2014-12-12 00:18:00

眼科症例