松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  眼科症例»  角膜内皮障害による水泡性角膜症

角膜内皮障害による水泡性角膜症

角膜内皮障害による水泡性角膜症

初診時

初診時

所見
近医にて白内障の診断にて1年半の治療歴を持つ。右眼には角膜中央から10時方向、左眼には2時方向から角膜混濁が認められます。内皮障害による角膜混濁が進行性病変を呈している事から、角膜内皮ジストロフィーと診断しました。内皮細胞の変性により内皮のポンプ機能が低下するため、水泡性角膜症が発現し、症状が進行すると視覚喪失に至ります。効果的な治療法は無いが、オゾン療法により進行を食い止めています。眼上部に2本の蛍光灯の光が映っているが、歪みが確認できる。

2014-12-12 00:12:00

眼科症例