松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  皮膚科症例»  慢性皮膚炎(四肢の脱毛)

慢性皮膚炎(四肢の脱毛)

慢性皮膚炎(四肢の脱毛)

様々な治療並びに食事療法に抵抗性を示し、全く改善の兆候が見られなかった。四肢端全域に及ぶ脱毛と色素沈着、皮膚の肥厚が認められた。患部を舐める行動も頻繁に認められた。

初診時

初診時

著しい脱毛と色素沈着が認められる。皮膚の肥厚も顕著である。ステロイドを初めとする様々な治療に抵抗性をしめした。

後肢端部

後肢端部

長い年月の経過の為、毛包は消失しいわゆるツルテカの状態である。爪の付け根は腫れ上がり慢性の症状である。

矢印

4カ月後

4カ月後

全域において発毛を認める。完全に生えそろうには、もう少し時間が必要であろう。痒みは皆無である。

後肢端部

後肢端部

ほぼ完治の状態となった。が、完全に生え揃うにはもう少し時間が必要だろう。痒み、フケ、発赤等の症状は一切認めない。消失したと思われた毛包も、再生した。

2014-12-11 00:40:00

皮膚科症例