松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  皮膚科症例»  A I H A(自己免疫性溶血性貧血)

A I H A(自己免疫性溶血性貧血)

A I H A(自己免疫性溶血性貧血)

突然の血尿、鼻出血、激しい皮下出血を起こした。

A I H A(自己免疫性溶血性貧血)

自身の血液を異物と認識し、脾臓で溶かしてしまう疾患である。推奨される全ての治療を行ったが、溶血は治まらなかった。3.5キロの体に対して、250ccの輸血を行った。全身の皮下出血は進行した。そこで、オゾン療法の奥の手であるオゾン化自家血大量輸血を行った。

矢印
A I H A(自己免疫性溶血性貧血)

翌日には完全に溶血は、見事に治まった。全身の容態も劇的に良くなり、食欲も回復した。オゾン化自家血大量輸血の5日後には皮下出血も驚く早さで吸収された。オゾン療法が無ければ助けられなかったと思われる。特に、シーズーの死亡率は高い為、今後は多くの命を助けられると期待している。

2014-12-11 00:14:00

皮膚科症例