松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  皮膚科症例»  表在性拡大性膿皮症

表在性拡大性膿皮症

表在性拡大性膿皮症

1年前より近医にて治療を受けていた。全身に腹部と同様病巣が広がったとの事。
激しい痒みを伴い脂臭を呈していた。

表在性拡大性膿皮症

写真左の様に全域に亘って毛包一致性の発赤、丘疹、膿庖が認められる。右の拡大像では表皮小環(環状のやや隆起した発赤で、環状に痂皮を伴う)を認め、中心は治癒して色素沈着を呈する。ジェットバスによる全身薬浴を併用した治療を行った。

矢印

2周間後

2周間後

ほぼ完治の状態となった。しかし再発の危険の可能性は高い。治療は数か月を要す為根気が必要である。

2014-12-11 00:07:00

皮膚科症例