松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  眼科症例»  星状硝子体症+硝子体出血

星状硝子体症+硝子体出血

星状硝子体症+硝子体出血

初診時所見

初診時所見

所見
両眼に白く散りばめられた浮遊物が認められる。老齢の硝子体変性性疾患である。脂質とミネラルの複合体で、夜空の星の様に見え、眼を動かすと少し動くが元の位置に戻る。これは、脂質とミネラルの複合体であり、視力の妨げにはならない。本症は硝子体の出血がある。出血が固まり収縮したことにより急性の網膜剥離が引き起こされている。原因は、腎臓性高血圧である。すでに3週間以上の経過がある為、血圧をコントロールすることにより、網膜の再付着が認められるかは疑問である。また、硝子体の変性が著しく眼底の観察は不可能であり、視力は無い。

2014-12-12 00:26:00

眼科症例