松原動物病院

愛知県半田市清城町1-6-14 松原動物病院は日本獣医皮膚科学会認定医です。

HOME

 

インフォメーション
診療内容
症例のご案内
HOME»  症例一覧»  皮膚科症例»  薬剤誘発性皮膚障害

薬剤誘発性皮膚障害

薬剤誘発性皮膚障害

近医にて膀胱炎の治療を受けていた。治療開始約3日後位から皮膚の異常に気がつき、診察に行くが問題視されなかったとのことであった。

初診時

初診時所見

著しい脱毛と皮膚の糜爛(びらん)が認められる。漿液の浸潤も顕著である。元気・食用の減退を認め、重篤な状態である。

後肢端内側部

両後肢内側部所見

非常に激しい痛みを認めた。皮膚からの漿液の蒸散を防ぐため患部をラッピングし、細菌感染症にたいして厳重な処置を施した。には、投与禁忌となる薬剤が有る。獣医師ならば熟知していて当然である。そうですよね~!院長先生。

矢印

2週間後


2週間後の所見

糜爛・潰瘍病変は沈静化し、食欲元気も回復した。

両後肢内側部

2週間ご内側ぶ所見

ほぼ沈静化の状態となった。が、毛が生え揃うにはもう少し時間が必要だろう。

2015-10-14 10:45:10

皮膚科症例